PUSHCODE 利用規約

この利用規約(以下、「本規約」という。)は、EDOCODE株式会社(以下「当社」という。)が運営するサービス「PUSHCODE」(以下、「本サービス」という。)の利用条件を定めるものです。本サービス利用者は、本規約の内容を十分に理解したうえで本規約に同意して本サービスを利用いただきます。

第1条(定義)

  • 1. 本サービス
    当社が運営するWebプッシュ通知を行うための機能をパッケージ化して提供するサービスをいう。本サービスは機能により、無料プランと月額料金の有料プランが存在する。
  • 2. 利用者
    本規約に同意のうえ、当社の定める手続きで本サービスの利用の申込をした者のことをいう。
  • 3. 利用者サイト
    利用者が本サービスを利用するウェブサイトをいう。利用者サイトは原則として、利用者自身が運営主体である必要があるものとし、それ以外の場合は、当社に事前に申し出るものとする。
  • 4. 管理画面
    当社が本サービスの利用を認めた利用者に対して発行するWebプッシュ通知の設定・管理・レポート閲覧等を行うことができる画面をいう。利用者は、管理画面から利用者自身の情報、並びに利用者サイトの情報を正しく登録するものとする。
  • 5. ユーザー
    本サービスを利用したWebプッシュ通知の配信を受信する、もしくはその可能性のある者をいう。

第2条(利用資格)

当社は、利用者が以下の事由に該当する場合は、利用申込を承認しない、または本サービスの利用を停止できるものとする。

  • ・利用申込、及びウェブサイトの情報について、虚偽、誤記の登録した場合
  • ・本規約に違反したことがある、または違反するおそれがあると当社が判断した場合
  • ・未成年者、成年被後見人、非保佐人または非補助人のいずれかの場合
  • ・その他、当社が利用を相当でないと判断した場合

第3条(ID及びパスワード)

  • 1. 利用者は、自己の責任において、本サービスの管理画面のID及びパスワードを設定し、管理するものとする。
  • 2. 当社は、利用者によるIDやパスワード情報の漏洩や、簡単に予想される設定等により、第三者が利用者になりすまして本サービスを利用し、これにより利用者または第三者が被ったいかなる不利益または損害について、理由を問わず一切の責任を負わないものとする。

第4条(Cookie及びアクセス情報)

  • 1. 利用者は、以下の目的のために利用者サイトのCookieおよびアクセス情報(ドメイン・IPアドレス・ブラウザ情報・アクセス日時・閲覧ページなど)を当社が利用することを承諾するものとする。
    • ・本サービスの運営のため
    • ・ユーザーのアクセス情報の解析による、本サービスの安定稼働確認・改良のため
  • 2. 利用者はユーザーに対して、前項の目的のためにCookieおよびアクセス情報を当社が利用する可能性があることを告知するものとする。

第5条(有料プランの利用料金)

  • 1. 利用者は本サービス内で有料プランの条件及び月額金額を確認するものとする。
  • 2. 有料プランの利用開始・利用停止に関する取決めは以下の通りとする。
    • ・ 有料プランの利用開始の開始月は、月額金額を日割りで計算するものとする。
    • ・ 有料プランの利用停止は、利用者による月末日までの手続きにて翌月以降の適用とする。
  • 3. 当社は有料プラン利用月の翌月5営業日以内に請求書を発行し、アカウントに登録されているメールアドレスに送信するものとする。利用者は請求書に記載されている金額を利用月の翌月末までに当社指定口座に振り込むものとする(なお、支払にかかる手数料は、利用者の負担とする )。利用月の翌々月1日に振込が完了しない場合は、当社は、利用者に対して、有料プランの機能の利用停止、Webプッシュ通知の配信停止、本サービスの利用停止等、必要な措置を講じられるものとし、これにより利用者が被ったいかなる不利益または損害について、理由を問わず一切の責任を負わないものとする。
  • 4. 有料プランの月額金額は、プッシュ通知の配信有無や管理画面の利用有無に関わらず、発生するものとする。なお、本サービスの利用開始後は、理由の如何にかかわらず当社は受領した本サービスの利用料金を返金しない。

第6条(本サービスの停止・終了)

  • 1. 当社は、以下のいずれかの事由が発生した場合、事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止することができるものとする。
    • ・ 地震、落雷、火災、停電または天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難となった場合
    • ・ コンピュータまたは通信回線等が事故、ネットワーク障害等により停止した場合
    • ・ 法令その他、当社の責に帰せざる事由により本サービスの提供ができない場合
  • 2. 当社は設備やサービスのメンテナンスを行う場合、可能な限り事前に通知することにより本サービスの全部または一部の提供を停止することができるものとする。
  • 3. 当社は、本サービスが継続的に提供できるよう努力するものとするが、本サービスの継続が困難と判断した場合には、利用者に3ヶ月前にまでに通知することにより本サービスを終了できるものとする。
  • 4. 当社は、本サービスの停止や終了により、利用者が被ったいかなる不利益(逸失利益を含む)または損害について、理由を問わず一切の責任を負わないものとする。

第7条(企業ロゴ等の掲載)

利用者からの個別申し出がない限り、当社は、本サービスの宣伝や告知を目的として、利用者名、利用サイト名、及びロゴ等を、利用実績の紹介として、本サービスのサイト、当社及び当社グループのサイト、第三者の運営するニュースサイト等で、無償で掲載することができるものとする。

第8条(禁止事項)

  • 1. 当社は本サービスの利用において、利用者の以下の行為を禁止する。
    • ・ 法令または公序良俗に違反する行為
    • ・ 第三者の権利、利益、名誉、信用等を損ねるもの
    • ・ 犯罪行為に関連、加担、もしくは助長する行為
    • ・ 当社のサーバーまたはネットワークの機能を破壊、妨害する行為
    • ・ 当社のサービスの運営を妨害するおそれのある行為
    • ・ 第三者になりすます行為、または意図的に虚偽の情報を流布させる行為
    • ・ 当社に対して個人を特定する個人情報を連携する行為
    • ・ 本サービスのリバースエンジニアリングやプログラム改変などを行う行為
    • ・ その他、当社が不適切と判断する行為
  • 2. 利用者(これらの取締役等の役員及び従業員を含む)は、本サービスを、Webプッシュ通知の配信の目的のみに利用するものとし、それ以外の目的(当社以外による同種または類似サービスの開発・検討等を含みます)に本サービス(当該サービスを通じて得られるデータ、ノウハウ等を含みます)を利用することは禁止するものとする。また、本サービス利用期間中及びその後6ヶ月間、本サービスと競合するサービスの開発・従事・利用等を行うことも禁止するものとする。
  • 3. 本条に定める禁止行為を行った場合は、当社は直ちに当該利用者に対し、本サービスの利用停止、並びに、その他必要と認める措置をとることができるものとし、かかる措置は当社による損害賠償請求を妨げないものとする。また、利用者が被ったいかなる不利益または損害について、理由を問わず一切の責任を負わないものとする。

第9条(保証)

本サービスの利用に関し、万一、ユーザーを含む第三者と紛争等が発生した場合は、当社の故意・重過失によるものを除き、利用者が自己の責任と負担をもって一切を解決するものとする。

第10条(業務の委託)

当社は、本サービスの一部を当社が選定した第三者に委託することができるものとする。

第11条(秘密情報)

利用者は、本サービスの利用にあたり知り得た当社又は第三者の技術上・業務上の機密を本サービス利用の目的外に使用してはならず、当社の書面による事前同意がない限り第三者に開示・漏洩してはならないものとする。

第12条(免責・不保証)

  • 1. 当社は、本サービス内に、欠陥・バグ・不具合その他の瑕疵がないこと、コンピューターウィルス等の破壊的構成物が含まれないことを保証しないものとする。
  • 2. 当社は、本サービスにおいて当社が提供する情報等について、その正確性、信頼性、完全性、適法性、有効性、目的適合性等を保証しないものとする。
  • 3. 当社は、利用者が本サービスの利用又は利用できなかったことにより、利用者が被った損害について、当社の故意・重過失によるものを除き、一切の責任を負わないものとする。なお、当社が責任を負う場合の賠償すべき損害の範囲は、利用者に生じた通常の損害に限るものとし、逸失利益を含む特別損害については、その予見可能性の有無を問わず、賠償する責任を負わないものとする。

第13条(権利の帰属)

本サービスに関する知的財産権は、全て当社に帰属するものとし、利用者およびユーザーに対して本サービスの利用目的を超えて、本サービスに含まれる知的財産権の利用を許諾するものではない。

第14条(権利義務の譲渡禁止)

利用者は、本サービスに関する全ての権利及び義務を、全部か一部かを問わず、第三者に譲渡し又は担保に供する等してはならないものとする。

第15条(規約の変更)

  • 1. 本規約は、当社の判断により事前の通知なく随時変更を行うことができるものとする。
  • 2. 本規約の変更があった場合は、本サービスのウェブサイト上に掲示又は利用者に通知するものとし、掲示ないし通知された時点で効力を生じるものとする。利用者はかかる掲示ないし通知を定期的に確認するものとし、掲示ないし通知後に本サービスを利用された場合、変更後の規約に同意したものとする。

第16条(準拠法・管轄裁判所)

  • 1. 本規約は日本法に従って解釈されるものとする。
  • 2. 本規約に関する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

平成29年5月29日 制定
平成31年2月12日 改定

pagetop